トップ > 便秘薬で解消する方法

下剤や浣腸で便秘を解消する方法

妊娠中は黄体ホルモンの分泌が増えることで、腸のぜんどう運動が低下して便秘になりやすくなります。

これはカラダの仕組みとして仕方のないことですが、便秘は自分のためにも赤ちゃんのためにも、早めに解消したいもの。そこで、下剤や浣腸などの便秘薬を使おうと考える妊婦さんもいると思います。

結論からいうと、便秘薬の服用は避けたほうが良いです。使うにしても、浣腸や刺激の強い下剤は避けて、副作用の少ない酸化マグネシウムを使った下剤を服用するのが良いでしょう。

妊娠中にも便秘薬は使える?

妊娠中にも便秘薬を使うことはできるのか、と考えている妊婦さんは多いようです。特に妊娠前から便秘体質だった場合には、妊娠中にはひどい便秘になりやすいので、早く解消したいという気持ちがあるのは当然だと思います。

便秘薬には、妊娠前のように使って良いものと、妊娠中には使ってはいけないもの(使わないほうが良いもの)の 2つがあります。

浣腸は使ってはいけませんし、刺激性下剤は使わないほうが良いです。できるなら刺激の少ない、塩類下剤を使うことをオススメします。いずれの場合も、まず医師に相談するべきなのはいうまでもありません。

浣腸は使ってはいけない

浣腸というのは、肛門に直接、グリセリンなどを含む液体を入れるという方法、もしくはその製品自体のことです。

肛門に直接入れるので、非常に即効性が高いのが特長。液体が便の滑りを良くしたり、腸を刺激してぜんどう運動を促進したりすることで、便秘を解消しようというものです。

即効性があるので、どうしても排便したい、たまっている硬い便を出したいというときに、たまに使うのは有効です。しかし、妊婦さんは使ってはいけません。

浣腸の有名どころ「イチジク浣腸」の説明にも、妊娠中の場合は「流早産の危険性があるので使用しないことが望ましい」と書かれています。妊娠中の浣腸の使用はやめましょう。

下剤の種類と注意点

下剤にはおもに 2種類があります。その 2つとは「刺激性下剤」と「塩類下剤」で、このうち刺激性下剤は妊娠中に使わないことが望ましいです。

刺激性下剤とは、腸の粘膜を刺激することで、強制的にぜんどう運動をうながして、便を排出させようとする便秘薬です。効果的でわかりやすいというメリットがありますが、腹痛などの副作用も強く出ます。

刺激性下剤には、センナ(センノシド)やダイオウなどを含む「アントラキノン系」と、ピコスルファートナトリウムやビサコジルなどを含む「ジフェニルメタン系」の 2つがあります。

アントラキノン系は効果が強い半面、副作用も強いのが特徴。生薬を使っているのでカラダに優しいイメージがありますが、実はそんなことはなく、妊娠中には使うべきではない種類の下剤です。

ジフェニルメタン系は比較的カラダにやさしく、効果はしっかりとあるものの副作用はそれほど強くないのが特徴。もし妊娠中に下剤を使わなくてはいけない場合、医師もこちらを処方するケースが多いと思います。

もっとお腹にやさしいのが、塩類下剤です。

塩類下剤とは、酸化マグネシウムなどを含む下剤のこと。マグネシウムは浸透圧を高めて、便の水分量を保つ作用があります。それにより便が大きくなり腸のぜんどう運動を促進したり、滑りを良くしたりします。

妊娠中には刺激性下剤よりも、塩類下剤を使うべきですし、医師も塩類下剤を使用することが多いと思います。マグミットやマグラックスという薬の名前を聞いたことがあるかもしれませんが、これらは塩類下剤です。

妊娠中は赤ちゃんへの影響を考えると、なるべく便秘薬を使わないのがベストです。しかし、どうしても必要な場合にはきちんと医師に相談して、処方してもらいましょう。

くれぐれも、市販の便秘薬を自己判断で使うことはしないようにしてくださいね。

このページのトップへ

トップページ