トップ > オススメの乳酸菌サプリ

オススメの乳酸菌サプリと選び方

腸内環境を改善するには、乳酸菌サプリを活用するのが良いと思います。

ここでは、乳酸菌サプリを活用するのはなぜ良いのかということと、乳酸菌サプリを選ぶときのポイントの説明、そしてオススメの乳酸菌サプリの紹介をおこなっています。ぜひ参考にしてください。

乳酸菌サプリが良い理由

善玉菌を増やす食べ物」でも説明したように、乳酸菌サプリを活用することで、ほかの方法よりも効率よく善玉菌を摂ることができます。

サプリなので「多くの乳酸菌が凝縮されている」「カプセルなどによって生きたまま腸に届く仕組みになっている」「飲みやすい」「ほかの有効成分も一緒に配合されている」などのメリットがあります。

  • 乳酸菌の数が多い
  • 生きたまま腸に届く
  • 飲みやすい
  • サポート成分がある

また、乳酸菌を多く含むプロバイオティクスの代表であるヨーグルトは、脂質が意外に多いものもあります。ダイエット中の場合はそういったものは避けたいところ。

脂肪ゼロのものもありますが、そもそもヨーグルト自体が苦手という場合もあると思います。そういう場合にも、乳酸菌サプリならしっかり善玉菌を補えるのでオススメです。

乳酸菌サプリの選び方

乳酸菌サプリを選ぶときのポイントは「乳酸菌の含有量の多さ」「オリゴ糖の配合の有無」「価格の安さ」です。

  • 乳酸菌の数は多いか
  • オリゴ糖は含まれているか
  • 価格は安いか

乳酸菌の数は多いほうがいいですし、腸内でビフィズス菌を増やす作用があるオリゴ糖が含まれていることも大事です。オリゴ糖は食事からは摂りにくい成分なので、一緒に配合されているのがベストです。

また価格の安さも重要です。乳酸菌は数日で体外へ排出されてしまうものが多く、善玉菌を増やすには継続することが必要になるからです。価格が安く続けやすいものを選びましょう。

ビフィーナS

ビフィーナS」は森下仁丹が製造・販売している乳酸菌サプリです。特長は配合量と、乳酸菌を生きたまま腸まで届けるための技術力。

善玉菌の主役であるビフィズス菌が 50億個、そしてアシドフィルス菌とガセリ菌の 2種類の乳酸菌が 10億個、さらにビフィズス菌の栄養になるオリゴ糖が配合されており、効率よく善玉菌を増やすことができます。

また日本生物工学会生物工学技術賞を受賞した「ハイパープロテクトカプセル」により、それらの乳酸菌が生きたまま腸まで届きます。

乳酸菌健康食品部門 18年連続売上No.1、販売数890万個突破、愛用者83万人という実績があり、はじめて乳酸菌サプリを摂ろうと考えている人にはもっともオススメのサプリです。

ちなみにわたしは、ビフィーナS とあわせて「カイテキオリゴ」も飲んでいます。オリゴ糖を充分に摂るため、ビフィーナS と一緒に純度ほぼ 100%のカイテキオリゴを飲んでいるというわけです。

善玉菌を効率よく摂り、そしてそのエサであるオリゴ糖も摂ることで、腸内環境が改善されていくのを実感しています。

善玉菌のチカラ

塩こんぶで有名なフジッコの「善玉菌のチカラ」は、あのカスピ海ヨーグルトの乳酸菌を 20億個以上配合した乳酸菌サプリです。

ねばりが強く大腸まで生きたまま届く乳酸菌である、クレモリス菌FC株を、1粒に 20億個以上も配合。もちろん、生きた状態でカプセル化されているので、腸内の善玉菌を増やす効果があります。

不足しがちなカルシウムも配合されており、特に女性にオススメ。価格もビフィーナS よりも安いので、いきなりお金をかけるのは不安だとか、リーズナブルな商品が良いという場合に適しています。

効果はしっかりありながらも、お手頃な値段の乳酸菌サプリを探しているという方には、善玉菌のチカラがオススメです。

このページのトップへ

トップページ