トップ > 乳酸菌のいろいろ

いろいろな乳酸菌とその効果

善玉菌というのは、基本的に乳酸菌を指します。そして乳酸菌には、乳酸と酢酸をつくるヘテロ乳酸菌であるビフィズス菌と、乳酸のみをつくるホモ乳酸菌とがあります。

それぞれ腸内における数や種類、役割などがちがうので、別々に考える必要があります。ここでは、いろいろな乳酸菌の種類と、それぞれの人間に与える効果を紹介します。

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

ビフィズス菌と乳酸菌のおもな違いは、つくりだす有機酸の種類にあります。

ビフィズス菌は乳酸のほか酢酸もつくりますが、乳酸菌は乳酸しかつくりません。乳酸は悪玉菌の増殖を抑える重要な物質ですが、より強力な酢酸をつくりだすビフィズス菌のほうが重要な存在であるといえます。

これらの酸は悪玉菌の増殖抑えて、腸内環境を良好に保つのに役立ちます。また腸の粘膜を刺激することでぜんどう運動を促進して、便秘解消に有効に働きます。

さらにビフィズス菌は、ビタミンB群・葉酸などもつくることがわかっています。腸内環境を整えるための酸だけでなく、人間の生命活動に必要なビタミンも産生してくれるのです。

ビフィズス菌を増やすオリゴ糖

腸内細菌の割合は人それぞれですが、健康な人の腸内では善玉菌のほうが悪玉菌よりも多く存在します。その割合は、善玉菌が 2割、悪玉菌が 1割、そして日和見菌が 7割程度と考えられています。

しかし善玉菌は加齢やストレス、乱れた食生活などが原因ですぐに減少してしまいます。赤ちゃんのころは腸内細菌の 99%をしめていた善玉菌は、成人するころには10%、60歳以上になると 1%に減るとも言われています。

そんな善玉菌のうち、99.9%という大きな割合をしめているのが、ビフィズス菌です。そのほかの乳酸菌は、0.1%以下しか存在しないのです。

というわけで、腸内環境を改善するには、まずビフィズス菌を増やすことが大事です。ビフィズス菌を増やすには、ビフィズス菌を含むヨーグルトなどを食べるのがいちばんですが、栄養を与えて増殖させることも大事です。

その栄養というのは、オリゴ糖です。オリゴ糖はビフィズス菌のエサになり、ビフィズス菌の増殖をうながします。ほとんどが消化されないのでダイエットにも良いとされるオリゴ糖は、便秘解消にも効果的な食品なのです。

免疫細胞の活性化

乳酸菌は、善玉菌のうち0.1%以下しか存在しないと説明しましたが、重要な役割をになっています。

ビフィズス菌と同じように糖を分解して乳酸をつくりだし、それによって悪玉菌が抑えられますし、免疫細胞を刺激することで活性化して、カラダの抵抗力を上げることにも一役買っています。

腸管免疫」といって、腸には全身の約 60〜70%の免疫細胞が集まっているとされています。この免疫系がきちんと機能するかしないかが、健康に非常に大きく関わっているのはいうまでもありません。

ビフィズス菌や乳酸菌は、生菌でも死菌でも、腸内に付着することで、これらの免疫細胞を活性化することがわかっています。

つまり、生きたまま腸まで届く乳酸菌ではなく、胃酸などで死滅してしまう乳酸菌を摂ることでも、免疫細胞を活性化して、風邪やインフルエンザを予防したり、花粉症の症状を緩和したりすることができるのです。

生きたまま腸まで届く?

なぜプロバイオティクス、いわゆる生きたまま腸まで届く乳酸菌が注目されているかというと、生きていないと腸内環境の改善に効果を発揮しないと考えられていたからです。

しかし上記で説明したとおり、死菌でも免疫細胞を活性化することが、近年の研究であきらかになりつつあります。

もちろん、生きたまま腸まで届くほうが、酸をつくったり善玉菌の数を増やしたりするうえで効果があると思いますし、気分的にも嬉しく感じるものだと思います。

しかし免疫系を活性化して、抵抗力を上げるという点を考えると、特にこだわらなくても良いのかもしれません。プロバイオティクス食品でなくても、継続摂取が健康増進につながる可能性があるのです。

このページのトップへ

トップページ