トップ > 妊娠中の便秘の原因

妊娠中に便秘になる理由

妊娠中の便秘の原因としていちばん影響があると考えられるのが、女性ホルモンのバランス変化です。

具体的には、妊娠中や生理前に分泌がさかんになる黄体ホルモンが腸のぜんどう運動を抑えることで、妊婦さんは便秘になりやすい状態になります。

ほかには、つわりによる水分不足や便の材料不足、ストレスによる自律神経の乱れなども影響していると考えられます。ここでは、妊娠中に便秘になる理由を説明します。

黄体ホルモンが便秘の原因

女性のカラダでは、生理前や妊娠中に「黄体ホルモン」(プロゲステロン)の分泌が増えます。この黄体ホルモンには、腸のぜんどう運動を抑制する働きがあります。

ぜんどう運動というのは、腸が弛緩と収縮を繰り返して、内容物(ウンチ)を直腸のほうへと運んでいく動きのこと。この動きが弱くなると、便秘になりやすくなります。

妊娠中には黄体ホルモンの分泌が増えるため、ぜんどう運動が鈍くなり、便秘になってしまうのです。生理前にも黄体ホルモンの分泌は増えますが、それは一時的なもの。妊娠中は分泌が続くため、ガンコな便秘になりやすいのです。

つわりと水分不足

黄体ホルモンの分泌以外にも、妊婦さんの便秘の原因はあります。

妊娠すると「悪阻」(つわり)の症状が出る人が多いですが、つわりによって摂取した水分が排出されてしまう可能性があります。

水分不足は便を硬くして排便をむずかしくしますので、こまめに摂取する必要がありますが、せっかく充分な量の水分を摂っても、つわりで排出してしまい不足してしまうということが起こるかもしれないのです。

また、つわりでは食べ物も戻します。便がある程度の量にならないと便意は起きませんので、嘔吐によって腸に送られる内容物が減ると、ウンチの材料が不足して充分な大きさのウンチになりません。

つわりによる水分不足とウンチの材料不足が、妊娠中の便秘の原因になっている可能性もあるのです。

ストレスとぜんどう運動

ストレスも便秘の一因です。

意識に関係なくカラダの動きをコントロールする神経を「自律神経」といいます。自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つは強弱を切り替えながら働いています。

仕事や運動など、興奮しているときに優位になるのが交感神経で、お風呂や食後の時間など、リラックスしているときに優位になるのが副交感神経です。

起床後から仕事の終わる夕方ごろまでは、交感神経が高い状態になっていますが、それ以降は寝ているあいだまで、副交感神経が優位になります。しかし、ストレスなどが原因でこの切り替えがスムーズにいかない場合があります。

2つの自律神経のうち、腸の動きをになっているのは副交感神経。そのため副交感神経がうまく働かないと、ぜんどう運動が弱くなり、便秘になってしまう可能性があります。

副交感神経を優位にするには、リラックスする時間をつくることが大事です。

帰宅後はゆっくり食事をとったり、趣味の時間を過ごしたり、お風呂でリラックスしたりして、副交感神経が優位になるような状態をつくるようにしましょう。深呼吸も、カンタンに実践できる良い方法です。

妊娠中は、きちんと赤ちゃんが育つのか、無事に出産できるのかなど不安要素が多くあり、心理的ストレスを抱えこみやすい時期です。

旦那さんやほかの家族や友人、また職場の人間などの協力を得ながら、ひとりでがんばりすぎずに生活することが大事です。ストレスを減らして、妊娠中の便秘の原因を取り除いていきましょう。

このページのトップへ

トップページ