妊娠中の便秘解消法 トップ

妊娠中の便秘の原因と解消法

妊娠中の便秘はツライですよね。硬い便が出るときの排便痛はわずらわしいですし、いきむと赤ちゃんが出てしまうのではないかという不安など、お腹の赤ちゃんへの影響も考えるのでストレスも溜まります。

しかも、女性ホルモンが原因で便秘になっている場合が多いので、ふつうの便秘解消法ではなかなか解消できない可能性が高いです。そんな症状が妊娠中にずっと続くと思うと、ゾッとしてしまいます。

ここでは、ガンコな便秘の悩みを抱える妊婦さんのための、便秘解消法を紹介しています。妊娠中の便秘の原因と、それを取り除くための方法を具体的に説明しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

便秘薬ではなく食事と生活習慣で解消する

妊娠中の便秘は、ガンコな場合が多いです。

妊婦さんが便秘になる理由は、腸のぜんどう運動を抑える作用のある「黄体ホルモン」が分泌され続けること。妊娠中はその状態が長く続くので、なかなか便秘が解消されないのです。

ツライ便秘が長く続くので、便秘薬に頼りたくなるところですが、それはあまりオススメできません。便秘薬のうち、浣腸や刺激性成分を含む下剤は、流早産をまねく危険性があるからです。

ウンチをやわらかくする作用のある、酸化マグネシウムを含む下剤であれば、あまり副作用はありません。しかし赤ちゃんへの影響を考えると、できれば自然なお通じを目指したいところですよね。

また、妊娠というのは、生理とはちがって長く続くものです。一時的に便秘薬を使うならまだしも、長期間つづけて使うことは、自力で排便するチカラが弱くなることにつながり、産後も便秘が続く原因になります。

そのため、妊娠中にはなるべく便秘薬を使わずに、自然なかたちの排便を目指すことをオススメします。

オリゴ糖で腸内環境を改善する

自然なかたちでのお通じを、といっても、どうすれば良いかわからないかもしれません。

わたしがオススメする方法は、オリゴ糖を使った方法です。オリゴ糖は甘味料に使われる食品成分ですが、実は便をやわらかくする作用や、腸内環境を整える効果があるすぐれものです。

オリゴ糖は腸内の善玉菌(ビフィズス菌)のエサになり、善玉菌を増やします。善玉菌が増えれば、それらが糖を分解してつくる乳酸や酢酸が増えます。

それらの酸が、悪玉菌を抑えて、悪玉菌がつくる有害物質の発生も抑えるので、腸内環境が改善されます。また、酸が腸の粘膜を刺激することで、便を押しだすぜんどう運動もうながされます。

さらに、全身の 70%程度をしめるとされる腸内の免疫細胞を善玉菌が活性化して、抵抗力をアップさせます。赤ちゃんをまもるために抵抗力を上げることは大事ですが、オリゴ糖の摂取が免疫力アップにつながるのです。

また便秘外来につとめる医師によれば、オリゴ糖は消化されずに大腸に届き、ウンチの水分を保持する作用もあるとのことです。

便秘になると硬い便ができてしまい、よりいっそう排便がむずかしくなったり、排便時に出血したり痔になったりしてしまうこともあります。その予防にも、オリゴ糖の摂取は効果的かもしれません。

オススメのオリゴ糖

オリゴ糖には便秘解消の効果を期待できますが、食べ物から摂るのは至難のワザ。比較的多く含まれているというゴボウや甜菜なども、絶対量としてはごくわずかです。

そのためオリゴ糖製品で摂る必要がありますが、一般的には甘味料として販売されており、市販の純度の低いオリゴ糖はあまり役立ちません。できれば、純度の高いものを探したいところ。

近所のスーパーにあれば良いですが、オリゴ糖製品は数は多くなく、高純度のものはなかなか見つからないと思います。

そこでオススメしたいのが、ネット通販で購入することのできる「カイテキオリゴ」です。カイテキオリゴは複数のオリゴ糖を含み、その純度はほぼ 100%という高水準。妊婦さんや赤ちゃんも安心して飲むことができます

高純度オリゴ糖食品市場で全国売上No.1、また 1分に 1個売れているという実績があり、信頼感もあります。

わたしも続けて飲んでいますが、飲みはじめてから数日で効果を実感して、その後もいつも快便です。バナナ状の大きめの便が、大していきまなくてもスルッと出ます。トイレにいる時間がかなり短くなりました。

ヨーグルトに混ぜるときに混ぜ混ぜするのをサボると、少しだけ粉っぽくなるのが難点ですが、それ以外は不満はなし。便秘に対する効果が最優先なので、そこはあまり気にしていません。

妊娠中の便秘に悩んでいるけど、便秘薬は使いたくない。カラダにやさしい便秘解消法を探している。そんな方には、高純度のオリゴ糖製品であるカイテキオリゴをオススメします。

カイテキオリゴの詳細はこちら

便秘の原因を取り除く

一般的な便秘の原因は「水分不足」「運動不足」「ストレス」「乱れた食生活」などとされています。

妊娠中の便秘のおもな原因は、上記で説明したように、黄体ホルモンの分泌で腸の動きがわるくなること。しかしそれ以外にも、運動不足、つわりによる水分不足、出産に対する不安からくるストレスなどもあります。

妊娠中はなかなか思うようにできないことが多いと思いますが、ひとつずつ便秘の原因になりそうなことを、取り除いていく努力も必要です。

小まめに水分を摂り、カラダに負担にならない程度の軽い運動をする、旦那さんと話したり、まわりの妊婦さんと話したりしてストレスをやわらげるなど。

これらの便秘予防をおこなうことで、症状が軽くなる可能性もあります。オリゴ糖の摂取や便秘薬の服用のほかにも、自分でできることを少しずつでも実践していくことが大事です。

妊娠中の便秘解消法まとめ

妊娠中の便秘解消には「水分の摂取」「軽めの運動をすること」「ストレスを緩和すること」「食生活や生活習慣を整えること」などが大事です。

それだけでは便秘症状が改善されない場合は、医師に相談して便秘薬を処方してもらうのも良いでしょう。

しかし、便秘薬の服用は赤ちゃんへの影響が気になるところ。もし自然なお通じを望むなら、硬い便をやわらかくする効果、腸内環境を改善する効果を期待できる、オリゴ糖の摂取がオススメです。

オリゴ糖は、なるべく高純度のものを選びましょう。市販のオリゴ糖は純度が低くあまり効果を望めませんが、通販で買えるオリゴ糖製品には、ほぼ 100%という高純度の商品もあります。

わたしがオススメするのは、純度ほぼ 100%のカイテキオリゴ。妊娠中の方も、赤ちゃんも飲むことのできる健康食品です。生活習慣の改善と、オリゴ糖の摂取で、妊娠中のガンコな便秘を解消しましょう。

カイテキオリゴの詳細はこちら

更新情報

  • 2015年03月10日 : サイトを公開

このページのトップへ

トップページ